読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tael&Tatl テールとテトル

おしゃべり好きの暴露話。

ケトン体は人類を救う 実際に試してのレビュー

こんにちは、鳴海です。

最近夏になったら太りやすいのか痩せやすいのか、海外と日本とどっちが痩せやすいのか食生活の面で検討したりしながら体のことを考えたりすることがあります。

どういう風の吹き回しか、今回は健康についてある本を読んでみました。

なので、本日はダイエットに関するレビューのご紹介をしたいなと思います。

 

体重が一年間で10kg増える危機

去年の3月頃までは60kgほどしかなかった体重が70kgをとうとう超え、友人にも「前ほど細くなくなったよね」と言われるようになったので、ついにダイエットを決意しました。

その中で読んだ本がこの本です。Kindle Unlimitedのおかげで気軽に手に取れました。

ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか (光文社新書)

ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか (光文社新書)

 

 

著者曰く、糖質(米、小麦等)を食べないことで全く太らなくなるとのこと。

実際に書いてある理論はいろんな情報ソースで調べても納得のいくことばかり書いてあります。

僕の家族には1型糖尿病と言われる、インスリンがでない病気の姉弟がいるのですが、家族として一緒に栄養について勉強する機会がたくさんありました。「糖質が血糖値を上げ、食後の眠りを誘う」は一番覚えている栄養学(?)の例で、実際に自分の身で経験しているがゆえにしっかりと覚えています。そのようなことに加え、糖質制限によるさまざまなメリットを、医者の視点から説明しているのがこの本です。

 

試すと変わる、体格と体重

この本をきっかけに家族全員で糖質制限食に変えると、他のことは変えないままで体重が少しずつ落ちるように。(1周間で3kg、2週間で5kg痩せました)

それに加え、「本当に毎日インスリンを打っていたのにほとんどインスリン無しで生活できるようになっている」とその姉弟は言っていました。(持続型のインスリンはまだ打っているそうです)

感じたことを全て書いてしまうと、本に書いてあることをすべて書くことになってしまうので割愛しますが、ダイエットと健康に興味がある方がいれば、騙されたと思って一度読んでみることを強くおすすめいたします。

  

また、それに加えてこちらの本もおすすめです。

こちらのほうが有名なのかもしれませんが、もしもKindle Unlimitedに参加しているのであれば騙されたと思ってちらっと読んで、自分の体で実験してみると良いと思います。 

炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書)

炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書)

 

 

騙されたと思って読んでみるのを強くおすすめします

一冊目の筆者とは違う方が書いているのですが、二冊目の本は何よりも著者の書き出しの書きっぷりが興味を惹かせます。

本書では、中年オヤジでもスリムに変身できる方法を紹介する。だが、本音を言えば、できれば同年代の男性には読んでほしくないと思っている。書店で見ても、気が付かずに素通りして欲しいとすら思っている。

なぜか。この方法なら、誰でも簡単に、短期間で努力なしに、ほぼ確実に痩せられるからだ。 

 

このキャッチに引きこまれた、という方は本当におすすめします。

みなさんも楽しくダイエット、肉体改造をできる事を願っています。

 

鳴海