Tael&Tatl テールとテトル

おしゃべり好きの暴露話。

知識を身に付ける方法 覚えたいものを覚えるときのテクニックとは

こんにちは、鳴海です。

最近、いろいろと自堕落な生活をしていた状態からやっとこさ何か自分のためになるようなことをする時間が多い生活になりました。その中で一番やっておかなきゃいけないことで一番力入れているのが英語です。今回はそちらでぼくが気にしている単語の勉強について紹介します。

 

 外国人に負けないレベル到達には大学レベル+αの語彙力を

ぼくもなんだかんだと言ってセンター試験(2012年ごろ)で720点/900点満点くらい取っていたレベルでした。ぶっちゃけ地方国公立まではこれレベル、ぼくよりちょっと賢い人たちは旧帝大くらい言ってました(田舎なので国公立信仰でした)。ですが、ぶっちゃけこのレベルじゃビジネスレベルの英語には語彙力足りないんです。

Japan Times読んでも、Bloomberg Businessweek読んでも、知らん単語が1センテンスに1つ以上はでてきます。そういう意味で言うと、英語的バックグラウンドを持つ方以外の人が大学入試レベルの語彙力で海外でビジネスしようと思うのはアジアのお互いが英語下手な状態でしか成り立ちにくいのでは、と思っています。

そういった背景もあり、単語を覚え始めたのですが、おすすめされる単語帳の単語の数がおよそ3500-5000。これを覚えないとなかなか専門分野での実用レベルには到達しないのかと思うとウッとなりました。

だいたいどこでもおすすめされてるのがこの二冊。TOEFL対策と書いてありますが、Academicや専門レベルはこちらで大体カバーできる、と言っている海外滞在者/海外勤務者は多いのでどっちか一冊すれば良いのかなと思います。

個人的には、大きさ(持ち運び)、価格、シンプルさなどいろんな点で見ても下のテキストのほうがおすすめです。アマゾンで中古で買ったら300円とかで買えた気がします。

【CD3枚付】TOEFLテスト英単語3800 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)

【CD3枚付】TOEFLテスト英単語3800 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)

 

 

TOEFL TEST対策iBT英単語―100点獲得のためのRole Playing

TOEFL TEST対策iBT英単語―100点獲得のためのRole Playing

 

 

 

 

3000位上の単語をさて、どうやって覚えるのか

出版社の方も著者もバカじゃないので、ちゃんと覚えやすい構造にテキストを組み立てていただいているので、基本的にはそれに従って覚えていきます。大学時代に単語覚えるのに苦労した記憶があったので、前回のシステム英単語の2倍以上の単語をまた覚え直すのかと思い、徹底的に楽に覚える方法を探してみました。楽に覚える方法を3時間かけて見つけることで、1000時間かかった時間が700時間位まで減っていたらそれほど楽なことはないなぁと思いますし。

 

一番これいけそうだな、と思ったのはこちらの記事

復習のタイミングを変えるだけで記憶の定着度は4倍になる 読書猿Classic: between / beyond readers

たとえば、3日おきに復習するよりは、1日後、3日後、1週間後……という間隔で復習する方が定着度が高い。
 
 次第に間隔を広げていくこのやり方をSpaced Repetitionあるいはspaced rehearsal、expanding rehearsal、graduated intervals、repetition spacing、repetition scheduling、spaced retrieval and expanded retrievalなどと言う。

らしいです。やってみましたけどなんだか覚えの質が良くなる気がします。間を開けるところを開けないところを意識した記憶の仕方をイメージして行くと良いのではないでしょうか。

 

後は、五感を使って覚えるだけかなぁと

いろいろ調べましたが、これ以上有益な情報が出てこなかったので、効率性のための調査を長々するのはやめて、今のやり方で進めることにしました。それ以外ででてきたのがあるとしたら、五感を使って覚えることくらい。読み方は発音記号見て、読んで、アクセント聞いて、そんで書く。素直にそれだけですが、なんだかんだで一つの単語に対してそれぞれ丁寧に繰り返しを行えばしっかりやれば覚えられると思います。

 

ぼくは1日150で年明けまでに一冊終わらせたい

この記事書いている段階でおそらく単語進捗度1000/5000くらいです。今は語幹で覚えるエリアとかを進んでいるので進みは遅いですが、トピックごとの(例:生物学や社会学など)のChapterに行けばもう少し知ってる単語と知らない単語が混じってきてかかる時間が短くなると思います。なので2016年のうちに一周終わらせておきたいなと思ってます。後から復習する形を来年1月からできるようにしておきたい。こういうところで言うからにはするんだと思って下さい。大学生で厳しい財政状態ですが、できなかったらいとこへのお年玉に英世さんじゃなく諭吉さん包みます。頑張ります。ぼくも頑張るので、皆様も他のことで頑張ることあれば一緒に頑張っていきましょう。

 

鳴海